Day

August 23, 2017

23
Aug

色白になれる食べ物ナンバーワンはずばり!

テーマ:簡単に色白になる方法 今やアイドルや女優さん綺麗な人モテる女性、みーんな色白!ですよね(*´`*) アイドルやモデルさんも夏の季節になって水着の撮影をしていても、色白をキープしているのには何か食べ物にもこだわっているのかなぁ(。>_<。)   と思って調べてみました。   色白になれる食べ物ナンバーワン☆   答えから言っちゃうと、色白になれる食べ物ナンバーワンは ずばり!!夏野菜の定番でもあるトマトなんだそうですっ!(*・・*) トマトって調理する必要もないから手軽にとれるし簡単!   と思いきや、より色白になりたかったら加熱したほうがリコピンの効果が高まるみたい。   プチトマトでもOKみたいなので、今度からプチトマト買ってきてレンジでチンして食べようかな~♪   夏でも色白美人って憧れですよね(*´`*) SOURCE
23
Aug

Chemical Peel

Risks A chemical peel can cause various side effects, including: Redness. Normal healing from a chemical peel involves redness of the treated skin. After a medium...
Read More
23
Aug

肌の弾力の源となる真皮

同じ年頃の人に比べてシワが目立つような気がする人は、紫外線によるダメージが原因かもしれません。ここでは、紫外線を浴び続けることでシワが増えてしまうメカニズムと、その対策を解説します。 肌の弾力の源となる真皮 若々しい肌は、弾力があってふっくらとしているものですが、その鍵をにぎるのは肌の真皮という層です。肌はただの1枚の皮ではなく、上から表皮、真皮、皮下組織という3層構造になっています。真ん中にある真皮は、肌組織の大部分を占める肌の本体ともいえる部分です。真皮には丈夫なコラーゲンの線維が網目状に張り巡らされており、それを弾力のあるエラスチンの線維がしっかりとつなぎ止めることで、クッションのように下支えしています。また、真皮には線維芽細胞という細胞も存在しています。線維芽細胞はコラーゲンやエラスチンを新しく生み出すだけでなく、分解酵素を放出して古くなったコラーゲンやエラスチンを分解しており、真皮の成分の新陳代謝を行っています。 紫外線が真皮のネットワークを崩す 紫外線にはUV-AとUV-Bの2種類がありますが、UV-Aは表皮を透過して真皮にまで到達し、線維芽細胞に直接ダメージを与えてコラーゲンやエラスチンを生み出す力を弱めてしまいます。また、紫外線を浴びて活性酸素が発生すると、コラーゲンの線維が切れたり、線維芽細胞からコラーゲンの分解酵素が放出されたりします。その結果、真皮のコラーゲンの量が減少したり、変性したエラスチンが増えたりして、肌の弾力が損なわれてしまいます。 弾力が低下した肌はシワ・たるみができやすい 表情を作ると皮膚が折りたたまれてシワができますが、肌に弾力があればすぐに元に戻ります。しかし、弾力を失った肌は薄く固くなるため、折りたたまれた跡が消えずシワになっていきます。また、肌が弾力を失うと皮膚全体を支えきれなくなるため、たるみも生じます。 光老化によるシワやたるみを予防するには 光老化によるシワやたるみを予防するには、日焼け止め(サンスクリーン剤)を塗り、肌を紫外線から防御することが大切です。日焼け止めというと、天気のよい日に外出するときだけ塗っている人が多いかもしれません。しかし、表皮を透過するUV-Aは雲や窓ガラスも透過するので、天気の悪い日や室内にいるときも油断は禁物です。光老化を防ぐためには、日常的に日焼け止めを塗る習慣をつけましょう。 ソース
23
Aug

冷たい水で顔を洗うことの3つの利点

こんがり焼けた小麦色の肌がもてはやされ、流行したのは昔の話。今は、紫外線が人体へ与える様々な影響が実証され、危惧されています。 しかし、紫外線を含む太陽光は、植物の光合成や生育を助けたり、人を含む多くの生物の生体リズムを整えたり、神経・筋肉の緊張をほぐすなど、生命体が生きていくのに必要な存在です。 では、紫外線はどうでしょうか?太陽光は必要でも、そこに含まれる紫外線はマイナスの影響ばかりかといえば、答えはNOです。紫外線はオゾン層を破壊しますが、オゾン層の生成にも不可欠です。また、人の体内でビタミンDを生成するのにも紫外線が必要で、一日15分程度の日光浴は推奨されています。 一方で、紫外線は肌荒れやシミ、肌老化を加速させたり、眼障害の原因、免疫力の低下、遺伝子DNAを傷つけ皮膚がんを誘発するなど、マイナスの影響もたくさんあります。特に、肌の老化を促す原因の約9割が紫外線と言われるほど、紫外線の影響は大きいものです。ぜひ、紫外線のことを正しく知り、紫外線を浴びすぎない工夫をしていきましょう。 紫外線の種類 太陽光には、目に見える可視光線、暖かさを感じる赤外線、そして見ることも感じることもできない紫外線が含まれています。紫外線の占める割合はそのうち6%で、波長の長いUV-A(315~400nm)が5.8%、波長の短いUV-B(280~315nm)が0.2%となっています。この2種類以外に、UV-Cも紫外線の一つとする見方もありますが、UV-Cはオゾン層に吸収されて地上へは届かないため、その影響力を考える必要はないでしょう。 肌への影響力が大きく最も注意が必要となるのがUV-Aで、年間を通じて照射されています。ガラスなどでの遮断は不可能で、肌にあたると真皮まで到達し、肌老化の原因となります。 UV-Bは、夏場に照射量が増え、ガラスなどでの遮断が可能です。肌にあたると日焼けやしみ、ソバカスの原因となりますが、UV-A程の脅威ではありません。 肌老化のメカニズム 紫外線、特にUV-Aによるところの大きい肌老化は、どのようにして引き起こされるのでしょうか。 肌老化とは、真皮に存在するコラーゲンやエラスチン繊維を生成する繊維芽細胞が傷つけられたり失われたりすることによってハリや弾力が低下し、肌にシワやたるみが生じ、肌細胞が老化する現象です。そして、原因の実に9割が紫外線、残り1割が加齢による自然な老化現象と考えられています。 紫外線の肌への影響の怖いところは、すぐに表れる急性傷害(日焼けや皮膚炎など)に加え、長年浴びた紫外線が蓄積されて何十年後に現れる慢性傷害(シミ、シワ、皮膚がんなどの肌老化)の存在でしょう。肌は、紫外線を浴びると遺伝子DNAを守るためメラニン色素を生成しますが、それが日焼けなど目に見える形で現れる以外に、一度浴びた紫外線の量は後から取り消すことができず、着実に蓄積されているということです。 肌のキレイな幼少期からの適切な紫外線対策が、肌老化の鍵となってくるのです。 ソース
23
Aug

美肌の基本は「汚れをきちんと落とすこと」

スキンケアで大切なのは洗顔です。汚れが毛穴に溜まっていたり、古い角質が残っている肌にケアをしても、化粧水や乳液などの有効成分を内部まで浸透させるのは困難で効果が薄れてしまうからです。 特に、油分を含んだメイクや酸化した皮脂は肌の大敵。そのままにしておくと、毛穴が詰まって肌荒れやニキビなど、トラブルの原因になってしまいます。 毛穴からは皮脂や汗、老廃物が排出されます。毛穴から分泌される皮脂と汗が合わさり皮脂膜を形成することで、肌内部の水分が外に出ていかないようにしているのです。そしてその皮脂膜は、外部刺激から肌を守るバリア的役割を果たしています。毛穴を塞いでいる状態とは、そのバリア機能の生成を阻害しているということ。とても危険なことなのです。 化粧水や美容液などで肌をケアする前に、表面だけでなく毛穴の中まできちんと汚れを落としきること。毎日、肌をニュートラルな状態に戻してあげることが美肌への近道だと言えます。 汚れを落とすには「クレンジング」と「洗顔」が必要 最近ではW洗顔不要という商品も出てきていますが、やはり汚れをきちんと落としきるには、クレンジング剤と洗顔料を両方使うことが理想的です。なぜならクレンジング剤と洗顔料で落とせる汚れは、本来、異なる種類のものだからです。 顔の汚れには大きく分けて2種類の汚れがあります。ひとつはファンデーションや日焼け止め、アイシャドウなどメイクによる油性の汚れです。これらの成分には、肌に密着し汗で落ちないようにするために油性の成分が配合されているため、通常の洗顔料では落ちません。これら油性の汚れを浮き上がらせる働きを持つのがクレンジング剤です。 もうひとつは皮脂や汗、皮脂膜、古い角質など身体から分泌された汚れと、ホコリや花粉などの外部から受けた汚れ。これらは身体を洗うのと同じように、洗顔料で洗い流すことが可能です。 つまり油分を含んだメイクを浮き上がらせる働きをもつクレンジング剤と、それ以外の汚れや、浮き上がったメイクの残りを洗い流す洗顔料のW使いが必要なのです。 睡眠や食べ物、適度な運動も不可欠 漢方では、肌は内臓の状態を反映した鏡だと言われています。敏感肌や肌荒れ、吹き出物、かゆみなどの症状がある場合、全体的に免疫力が低くなっている状態だとされます。 外側からのケアだけでなく、バランスのとれた食生活ができているか(タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルの5大栄養素がきちんと摂取できているか)、十分な睡眠がとれているかを気をつけましょう。 さらに適度な運動でストレスを解消したり、汗をかいて新陳代謝を促すなど、内側からのケアも真の美肌作りには欠かせないことなのです。 ソース